オーストリア航空、9月に日本から撤退

皆さま、こんにちは!

金曜日の午後お天気も良く、穏やかな1日ですね~!

本日は、オーストリア航空に関してのニュースです!!
オーストリア航空(OS)は2016年9月4日の成田発ウィーン行き便を最後に、
日本路線から撤退することを発表しました。
OSは1989年から成田/ウィーン線を運航しており、2016年の夏ダイヤでは
1日1便で運航していました。

OS日本支社によれば撤退の理由は「より高い収益性を見込める路線で機材を
有効活用することにより、企業として健全な財務状況を維持することが必要
不可欠との結論に至った」ためとのことで、OS本社の理由としては「円安の
継続や日本の景気の低迷、価格競争の激化など」を挙げ「日本路線はOSに
とって不採算路線になった」と説明しています。

OSでは成田線の運航を停止する一方、中国市場の成長を踏まえて中国路線を
増加する方針で、4月4日から上海(浦東)/ウィーン線の運航を週5便で開始し、
5月1日からはデイリー化します。さらに、9月5日からは香港/ウィーン線に
週5便で就航する予定で、そのほかアジア/ウィーン間についてはバンコクから
週7便、北京から週5便、カザフスタンのアスタナから週3便を運航しています。

9月4日以降の予約については、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)やスイス・
インターナショナル・エアラインズ(LX)などの他社便に振り替える予定で、
日本支社については9月30日で営業が停止されます。

日本にとってはなんとも残念なニュースです。。。
しかし、今も昔もヨーロッパの憧れであり続ける音楽の都ウィーン。
15年ウィーンを訪れたアジアからの旅行者の宿泊数については、日本人が
最も多かったとのことでまだまだ人気は衰えていません。
今後、また成田から運航してくれるのを願うばかりです。

img5706216025a3e
©Austrian Airlines Group

それでは、また来週!!

《 画像・文章提供 : TRAVEL VISION 》

ウィーンのお勧めオプショナルツアー

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ