北欧のクリスマスとテレビの関係性

皆さん、風邪引いていませんか?
気温も下がっていますので、温かくしてくださいね!

さて、本日は北欧からこんなニュースが届きましたよ☆

☆*。。。*☆恒例の国民的行事?
北欧のクリスマスとテレビの関係性を探る☆*。。。*☆

クリスマスシーズンになると、人々はどんな過ごし方をするのだろうと、北欧のクリスマスについて様々なメディアを通して紹介されたりしている。
よく目にしたり、聞いたりする「アドヴェント(待降節)」とは、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のことで、
クリスマスイヴの4週間前から1週間に1本ずつ、計4本のロウソクに火を灯していく習慣がある。
また、1から24(または25)までの日付入りのポケットを1日ずつ開いていくと、中にお菓子などが入っているといったアドヴェントカレンダーは子供たちの楽しみでもある。

ゆっくりと時間をかけて準備をしながら、年に一度のクリスマスの日を迎える北欧諸国だが、ツリーやプレゼント、料理のほかに、どうやら毎年、クリスマスを過ごすにはテレビの存在が大きいらしい。

例えばデンマークでは、毎年、12月1日から24日まで1話ずつ、デンマーク放送協会(DR)で特別なクリスマスショーが放送されるという。
この24話は、1962年に初めて放送されて以来、クリスマスの伝統ともいえる番組になっているとのこと。
また、アイスランドでも12月1日から24日まで、24話のミニ番組の放送があるという。
店も何もかもが休みになる12月25日のクリスマス当日は、地方テレビ局が昼から晩まで映画を放送している。

クリスマスとテレビの関係で最も知られているのがスウェーデンかもしれない。
スウェーデンでは、クリスマスイヴにドナルドダックの『Kalle Anka och hans v?nner ?nskar God Jul(Donald Duck and his friends wish you a Merry Christmas)』という、
1958年のウォルトディズニーのクリスマススペシャル番組を、家族とテレビの前に座って見るのが鉄板らしい。
お隣ノルウェーでも、子供たちがクリスマスイヴに見るディズニーアニメを心待ちにしているという。
恒例として放送されている番組は、『Donald Duck og vennene hans(Donald Duck and his friends)』。

フィンランドでクリスマスのテレビと言ってすぐに思いつくのは、首都ヘルシンキ南西部の都市、トゥルクで、
毎年クリスマスイヴの正午に行われる「クリスマス平和宣言」のテレビ中継かもしれない。
フィンランド人は、毎年テレビの前でこの様子を見ながら、クリスマスを祝うといわれている。

クリスマスに欠かせない、北欧の家庭におけるテレビの意外な存在感。
それぞれの国の“定番”を楽しみながら、大切な家族と一緒に過ごすあたたかいクリスマスは、いつの年も特別なものに違いない。

出典:北欧ニュース
゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜゚・*:.。. ☆☆.。.:*・゜

面白い関係性ですね。
日本ではクリスマスと言ったらお決まりになっているこれ!
みたいなものはなんでしょうか?

来週に迫ったクリスマス。
皆様それぞれ素敵な日にしてくださいね。

それでは皆様、また明日(^_-)-☆

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ