空港で活躍する「警察犬」 の任務とは?

いよいよ今日で8月が終わります・・・
長かったようで短かった・・
でもビアガーデンも行けたしBBQもできたし
夏を満喫できたのではないかと思う今日この頃。
皆さんはどんな夏休みでしたか?
明日から学校の皆様!ファイトでございます(^_-)-☆

さて、本日はかわいく、たくましいワンちゃんのお話♡
空港で活躍する「警察犬」 その重要な任務とは・・・

アメリカ北部・ミシガン州のチェリーキャピタル空港には、
最高にかっこいい職員がいる。その名も、警察犬のパイパー。
9歳のボーダーコリー。

■フライトと野生動物を守る

パイパーの任務は、滑走路や誘導路に侵入した野生の生き物が、飛行機と衝突しないよう、速やかに追い出すこと。
フライトの安全と空港周辺の野生動物を守る大切な仕事だ。
パイパーは2015年から「野生動物管理者」として働き始め、勤務時間は午前4時~午後2時半までのフルタイム。
ハンドラーのブライアン・エドワーズさんは、2008年から同空港で「空港運営責任者」として勤務している。

パイパーとエドワーズの朝は早い。2人はまず、空港内に侵入したシカやキツネを追い払い、ウッドチャックなどがフェンス沿いに掘った穴を探し当てては埋めていく。

だが、パイパーの最大の任務は、滑走路に舞い降りた鳥たちを安全な場所へ追い払うこと。
空港の広報担当者によると、豊かな自然に囲まれた同空港では、敷地内にガチョウや水鳥の群れが頻繁に集まり、冬になるとシロフクロウも訪れるという。
こうした鳥の群れが発見されたという情報を無線で得ると、二人はすぐさまトラックに乗り込み、現場へ急行。
エドワーズがターゲットを指さし、「やってくれるよな?頼んだぞ」と声をかけるだけで、パイパーが一目散に駆け寄って鳥を追い払ってくれる。

■1年間訓練を重ね、騒音にも対応

リードをつけない状態でもきちんと指示に応じられるよう訓練を重ね、パイパーはめきめきと成長。飛行機の騒音にも動じないよう訓練した。
「歳をとった犬には新しいトリックを教えることができない……なんて言う人もいますが、パイパーは訓練を始めた日から今までずっと、毎日新しいスキルを学び続けています」とエドワーズは言う。
今の課題は、ヘリコプターに慣れること。
どんな緊急事態にも対応できるようになってほしいと日々訓練に励んでいる。

今後も活躍が期待される、パイパーとエドワーズのコンビ。
実は二人の仕事は完全にボランティアで、ホームページで募っている寄付金によって支えられている。
それでもエドワーズは「パイパーと働く時間の全てが最高です。だって、仕事だという気が全くしないから」と笑う。
「正直、僕自身の資金で負担している部分もあります。でも、毎日、親友と働くことができる喜びは、何にも変えがたいですから」

文章/写真提供:BuzzFeed Japan / 伊吹早織

かしこいワンちゃんですね!
私も犬を飼っていましたが、うちの子にはきっとこの仕事は無理かなww

空港で仕事をする。私も学生の頃にずっと憧れていました。
今は飛行機に携わることができているので、とても嬉しいです!

ちなみにアリスツアースタッフは現在フィンランドへ研修中。
帰国後に話を聞けるのが楽しみです!
ブログでも写真等アップしますのでお楽しみに♪

それではまた明日(^_-)-☆Moi

世界中のお得なダイナミックパッケージツアー検索!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ