シンガポール航空の機内食は「うなぎ」?

不安定な天気ですね。
各地で大雨警報出ておりますのでお気を付け下さい。

さて、本日は私の憧れのCAさんのユニフォーム、シンガポール航空の話題です♪

♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪♪゚+。+゚♪゚

☆*。。シンガポール航空、新造されたばかりのボーイング 787-10型機を
第二の故郷セントレアで「うなぎ」の機内食とともにお披露目☆*。。

シンガポール航空は6月28日、セントレア(中部国際空港)でボーイングの最新旅客機「787-10型機」を報道公開した。
シンガポール航空は、7月28日からボーイング 787-10型機をセントレア~シンガポール線に投入することを明らかにしており、その1カ月前に就航予定空港でお披露目したことになる。

シンガポール航空 中部国際空港~シンガポール・チャンギ国際空港線
◆SQ671便:セントレア(10時30分)発~シンガポール(16時20分)着、毎日運航
◆SQ672便:シンガポール(01時20分)発~シンガポール(09時05分)着、毎日運航
※7月27日まではエアバス A330型機を使用

ボーイング 787シリーズは、前部胴体、主翼、主脚格納部、主翼固定後縁、中央翼など約35%の構造部品を三菱重工業、川崎重工業、SUBARUといった日本メーカーが生産しており、それらの構造部品はこのセントレアからボーイング 747LCF ドリームリフターによって、ボーイングの生産工場である米国ワシントン州シアトルのエバレット工場、サウスカロライナ州のチャールストン工場に運ばれている。
最新鋭機の787-10型機はチャールストン工場で製造が行なわれており、今回シンガポール航空がセントレアに飛来させた787-10型機(登録記号:9V-SCF)も、チャールストン工場で完成したばかりの787-10型機を、本拠地であるシンガポールにフェリー(回航)する途中に立ち寄ったものになる。

シンガポール航空は2018年3月に世界で初めて787-10型機をボーイングから受領。
そして、5月に787-10型機の世界初就航路線として関西国際空港~シンガポール線を選択。
同じ5月に成田国際空港~シンガポール線に就航させ、7月にはセントレア~シンガポール線に、そして今後は福岡国際空港~シンガポール線にも787-10型機を就航させる。

日本路線を非常に重視した戦略を採っているが、その背景としてあるのが日本に対する旺盛なインバウンド需要に加え、日本からシンガポールへと向かうアウトバウンド需要も好調なこと。とくに関空へ、関空からの需要が強く、就航タイミングも関空が先行した。

シンガポール航空 787-10型機の仕様は、ビジネスクラス36席、エコノミークラス301席、計337席の2クラス制(関連記事:シンガポール航空、ボーイング 787-10型機を関空で報道公開。新開発のビジネスクラスとエコノミークラス搭載)。
新開発のビジネスクラスは1-2-1のスタッガード配列。全席通路アクセスが可能で、中央の2席はセンター寄りにシートを配置した2席と、通路寄りに配置した2席を交互に配置することで、足元空間を確保。
フルフラットシートを実現するとともに、センター寄りの2席はとくにハネムーンなどカップルの利用に最適という(パーティションもあるのでパーソナル空間も確保できる)。

エコノミークラスは3-3-3配列で、11.6インチのHDモニタを装備。
タッチパネルにすることでリモコンを廃し、シンプルで広々としたエコノミークラスのシートを実現している。
実際足元にはフットレストもなく、広さを優先した設計。
ユニバーサル電源を備えていながら、ユニバーサル電源に電気を供給する電源ユニットも小型化されているので、足元はすっきりして過ごしやすい。
座り心地もしっかりサポートしてくれ、豪華ではないものの好ましいシートとなっていた。レカロ製とのこと。

セントレア~シンガポール線の話題としては、就航時から8月末までの機内食としてエコノミークラスにも「うなぎ」を用意すること。
これは、シンガポール航空関係者によると、愛知県のうなぎが有名(生産量で全国2位)なことと、787-10型がそれまでの787-8型よりも長~いことから決めたとのこと。
就航直後の1週間は国産ウナギが、それ以降は輸入ウナギをベースにしたうなぎ料理が提供される。

2016年11月にSUBARU(当時は富士重工業)がセントレアのすぐそばにある半田工場を報道公開(スバル、ボーイング「777」「787」「777X」の中央翼を生産する半田工場を公開)したときには、ちょうど787-10型向けの中央翼の生産が始まったばかりだったが、約1年半後に半田工場製の中央翼を組み込んだ新造機が里帰りしたことになる。

セントレアでは、ボーイング 787シリーズの試作1号機(ZA001)の展示がメインとなる新施設「FLIGHT OF DREAMS」も2018年夏オープン予定となっており、7月28日からのボーイング 787-10型機就航と相まって、大きな話題となっていくだろう。
また、ハネムーンに向いたシートを備える航空機の中京地区投入は、比較的結婚式にしっかり予算をかける傾向にある地域に住む人に歓迎されることだろう。
.
出典:トラベル Watch,編集部:谷川 潔 氏

♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪♪゚+。+゚♪゚

「うなぎ」は日本食の代表ともいえますから、なんだか嬉しいですね!
そして、私も楽しみな「FLIGHT OF DREAMS」!!!
まだオープンの日が未定なのでドキドキしておりますが
今年の夏のビッグイベントとしてぜひ足を運びたいと思います☆

それでは皆様、また明日(^_-)-☆

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ