政府専用機退役後のアイデア募集

おはようございます!
本日は私の大好きな飛行機に関しての記事ですよ☆

☆.。.:*空自、政府専用機退役後のアイデア募集・゚ ☆.。.

航空自衛隊は、2019年3月末に運用終了を予定している現在の政府専用機(ボーイング747-400型機)について、退役後の活用方法を企業や団体から募集する。

2機ある政府専用機は、ともに空自千歳基地の特別航空輸送隊に所属。
2018年度いっぱいで運用を終えるが、地元などからは保存を求める声が聞かれる。
7月22日に千歳基地で開かれた航空祭では、一般向けでは初めて2機そろって展示され、多くの来場者が訪れた。

空自では、退役後に機体を処分する際に、政府専用機という特性を考慮した処分方法を模索しており、企業や団体から寄せられたアイデアを検討材料にする。

アイデアを提案したい企業や団体は、8月7日正午までに担当窓口である、
航空幕僚監部装備計画部整備・補給課に持参するか、郵送または電子メールで提出する。
8日午後3時からは、応募者向け説明会を市ヶ谷基地で開く。
アイデアをまとめた「情報提供書」の提出期限は、24日午後5時まで。

海外の事例としては、米シアトルの航空博物館「Museum of Flight」に、元大統領専用機VC-137が静態保存されている。

2019年度に導入予定の次期政府専用機は、ボーイング777-300ER型機に変わる。
整備の委託先も、現在の日本航空(JAL/JL、9201)から、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)に移る。

出典:Tadayuki YOSHIKAWA氏/Aviation Wire

♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚

どんなアイディアが採用されるのか楽しみですね!
結果がわかったらまたブログで紹介したいと思います♪

それでは皆様、また明日(^_-)-☆

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ