ANAのA380、工場からロールアウト 年内に塗装完了

今回はかなりマニアックな話題になりますが・・・
お好きな方には興味深いはず・・・ww私もです!

゚・*:.。. ☆ANAのA380、工場からロールアウト 年内に塗装完了☆.。.:*・゜゚

エアバスは現地時間8月30日、全日本空輸(ANA/NH)向けA380の初号機が仏トゥールーズの最終組立工場からロールアウトしたと発表した。
数週間以内に初飛行する見通し。

今後は初飛行に向けた地上試験を屋外で実施。
初飛行後は客室の装備品取り付けや塗装作業を行うため、独ハンブルクにある同社の工場へ向かう。

ANAを傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は、A380の新造機を3機発注済み。
「空飛ぶウミガメ」の意味を持つ「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」と名付け、ハワイの空と海、夕陽をイメージしたデザインとし、青(ANAブルー)と深緑(エメラルドグリーン)、オレンジ(サンセットオレンジ)に仕上げる。

座席数は4クラス520席で、ANAのホノルル線では初のファーストクラスが8席、ビジネスクラスが56席、プレミアムエコノミーが73席、エコノミーが383席。エンジンはロールス・ロイス製トレント900を採用した。
初号機と2号機は2019年度4-6月期(第1四半期)に、3号機は2020年度4-6月期に受領する見通し。

塗装作業は年内にも終える予定で、2019年3月までに引き渡す計画。
ANAは受領後、パイロットや整備士、グランドハンドリング(地上支援)などの訓練を進め、早ければ1カ月後の4月にも就航するとみられる。

ANAは今秋をめどに、A380の就航日や運航スケジュールを発表する。

出典/画像:Asahi Giken Corporation Tadayuki YOSHIKAWA氏

゚♪゚゚+.・.。*゚♪゚゚+.・.。*゚♪゚゚+.・.。*゚♪゚゚+.・.。*゚♪゚

元々スカイマークでも計画されていたようで、A380がロールアウト寸前でしたが
トラブル発生のため完成しないままエミレーツ航空に譲ったのだそうですよ。

ちなみに、ロールアウトとは飛行機本体の塗装がすべて出来上がったという事だそうです。
ウミガメが見れるまであと少しですね。

また空港に行く楽しみができました!!

それでは皆様、また明日(^_-)-☆

コメントを残す

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ