フィスカルスを散策♪ ~後編~

今日は七夕!
ここ何年かはお天気悪かったのですが・・・
今日は織姫と彦星、会えるでしょうか?
皆様のお願い事はなにかな★☆★

さて、本日はバルト研修日記4/5回目ですww
昨日はフィスカルスのレストランをご紹介しましたが
本日はデザインショップをご紹介します♪

とても小さい村なので徒歩でも十分回ることができますが
フィスカルスにはマウンテンバイク用の道も作られているので
サイクリングしながら森の中など散策してみるのもおすすめ!
26種類の樹木が生息していて自然豊かな村です♪

昨日ご案内したホテル&レストランFiskars Wärdshusの前に
バスが停まりますので、そこからスタート!
※フィスカルスのバス停は2か所ありますので注意!

Fiskars Wärdshus沿いの道はフィスカルス通りです。
スウェーデン語で「fiskarsvägen」と表記されています。
この道がメイン通り、ショップが立ち並ぶ中心部に繋がっています。

まず一件目は「Onoma Shop

ショップは非常に広く、様々な芸術、デザイン、工芸品を買うことができます♡

すべての製品は協同組合のメンバーによってフィスカルスで制作されています。
2017年5月15日(月)から9月末まで毎日営業しています!
※午前11時から午後6時までとなります。

続いては「FISKARS SHOP」です。

入り口もとってもかわいらしいですね♡

こちらには複数のブランドが入っていますので、
まとめてお買い物する時も便利ですね!
(フィスカルス、アラビア、イッタラ、ハックマン)

現在、ヘルシンキにはアラビアアウトレットはなくなってしまいましたが
ここはアウトレットなので、お安くレアな商品も見つかるかも♡
2017年5月13日(土)から9月末まで毎日営業しています!
※午前10時から午後6時までとなります。

裏側にはお手洗いもありますが、なんだかトイレまでデザイン性高し!w

最後に「Kantti Design Shop

フィンランドブランドはもちろん、他ブランドも多数取り扱っています!
インテリアデザイン、服、バッグ、アクセサリーなどなど♡
(こちらは中に入っていないので、写真がなくてごめんなさい><)
※火曜日-日曜日 11:00~17:00オープンしております。

いかがですか?素敵なお店がいっぱいです♡
もっとゆっくり見て回りたかったけど・・・今度は宿泊してみたい!

フィスカルスの魅力は美食やデザインショップだけではありません。
夏はクラシックコンサートやミュージカルも非常に盛んです。
8月初旬に行われる「Faces Festival」は大人気です!

さらに夏最大のイベントは展覧会。
今年はフィンランド独立100周年という事もあり、特に盛り上がる予感♪

7月の2週目の木曜日~日曜日には大きなアンティークイベントがあります!
最近ではオンライン取引が多いですが、ぜひ直接商品を見てもらうために
足を運んでほしいとフィスカルスの人々は行っていました(^_-)-☆

10月1週目の土日はローカルフードイベントがあり、だれでも参加可能です!

マラソンがお好きな方にぜひ耳寄りなお知らせ!
フィスカルスではマラソンイベントが年3回(5月、夏至祭、ハロウィン)あります。
終わった後は花火も上がり、非常に盛り上がるそうです!
だれでも参加できますので、ぜひフィスカルスを走ってみませんか?

いかがですか?フィスカルスではこんなにイベントが行われているのです。
来年は様々なイベントに参加するプランを作成してみようかな♡

最後にツーリストインフォメーション「i」情報を☆
5月~9月末までは毎日11:00~17:00までオープンしています!
地図なども置いてありますので、ぜひお立ち寄りください。

関東はまだまだ梅雨が明けず、すっきりしないお天気ですが
皆様にとって、良いことが起きる週末でありますように・・・。

Hyvää viikonloppua.(良い週末を)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ