フィンランド各地の人々のDNA からできた交響曲を発表!

今日から12月ですね!
2017年、悔いのないように1か月全力で過ごしましょう♪
今週最後の話題はフィンランドでございます。

フィンランド独立100周年を記念して、フィンランド政府観光局では
フィンランド各地の人々のDNAからできた交響曲
シンフォニー・オブ・エクストリームズ」を発表しました!
〜DNAジェネレーターであなたのフィンランドでのルーツがわかるかも?!〜

交響曲は、フィンランド独立100周年を記念し、フィンランドを代表するチェロ・メタルバンドであるアポカリプティカのエイッカ・トッピネンにより作曲されました。
フィンランドの人々が持つ「究極・本質への追求」「新しいものに常に挑戦するイノベーティブな精神」「さまざな分野とのコラボレーション」という今まであまり語られてこなかった「フィンランドのDNA」をスタイリッシュな映像とともにお届けします。

フィンランド政府観光局の局長であるパーヴォ・ヴィルックネンは以下のように述べています。
「私達はフィンランド独立100周年を記念し、フィンランドという国のストーリーをアート、科学、そしてトラベルの融合という実験的で斬新なプロジェクトを行いたいと思っていました。
この交響曲は、フィンランドのイノベーションの精神をとてもよく表した例といえます。
また、音楽は人々を結びつけます。私たちは、このキャンペーンを通じて新しいフィンランドファンを作っていきたいと考えています」。
また、旅行と音楽という異色ともいえるコラボレーションについて、「地元の人のように旅をするというのは旅行業界において大きなトレンドになりつつあり、人々は、旅行先の現地の人々についてもっと知りたいと思っています。
このキャンペーンでは、人々そのものからそれぞれの地域の魅力をユニークな形でご紹介しているのです」と述べています。

作曲を担当したチェロ・メタル・バンドのフロントマンであるエイッカ・トッピネンは、「フィンランドの人々の遺伝子型から曲を作るというのはとても興味深い経験でした。
DNAそのものに音楽性はないので、それを音楽にしていくのには時間を要しました。
最終的には“リフ”の中にさえも、さまざな地域のフィンランド人のDNAが混ざり合って交響曲ができあがりました。
私たちはフィンランドらしさが際立つ曲を作りたいと思っていたんです。
聞いてくれる人にもそれが伝わるとうれしいですね。
このとてもやりがいのあるプロジェクトは、私たちのフィンランド独立100周年へのトリビュートです」と述べています。
プロモーションビデオはフィンランドと日本を拠点にするクリエイティブ・スタジオ「Musuta」が監督を務めました。

<あなたの内なるフィンランドの故郷がわかる?!DNAジェネレーターも発表>
このキャンペーンを記念し、フィンランド政府観光局は、決定的アルゴリズムによって、あなたのフィンランドでの生まれ故郷がわかる「DNAジェネレーター」も発表しました。
あなたのお父さんとお母さんの生まれた場所をローマ字で入れるだけで、あなたの「内なるフィンランド」が明らかになります。

情報/写真提供:フィンランド政府観光局

私もDNAジェネレーターやってみましたよ!
結果は・・・

奇妙な土手・・・
今度フィンランド訪問の機会があった際は、ぜひ探してみたいと思います。ww

ちなみに政府観光局のサイトには自分の名前をフィンランド語に変換できる「フィンジェネレーター」というサイトもあります♪
試してみたい方はぜひ>>こちら<<からトライしてみてくださいね(^^)

☆フィンランドおすすめ冬プラン☆

.。*゚+.*.。フィンランド&エストニア憧れの田舎町でスローライフな旅.。*゚+.*.。

.。*゚+.*.。心ふるえる白銀世界で過ごすクフモ冬物語!.。*゚+.*.。

.。*゚+.*.。フィンランドの自然をまるかじり 秋のオーロラ&星空チャンス.。*゚+.*.。

それでは皆様、素敵な週末をお過ごしください(^_-)-☆

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ