キルピスヤルヴィってどこ?

本日はフィンランド研修日記の続き、いよいよラップランド編です!
とても楽しみです(^^)
アリスツアーでもまだそれほど手配経験も多くなく、日本人観光客もいません。
ですから今年のオーロラ鑑賞の穴場として皆さんにご案内できればと思います。

そもそもキルピスヤルヴィってどんなところなのでしょう。
ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの3国国境沿いにある小さな村キルピスヤルヴィには、全長800kmにも及ぶハイキング・コースがあります。
標高はわずかに500メートでも、北緯69度以上という高緯度の地域では、高度4000メートル以上に匹敵する植物分布といわれ、珍しい植物や壮大な自然風景を体験することができます。 

キルピスヤルヴィは、フィンランドで初めて特別自然保護区に指定された場所で、手付かずに自然が多く残っています。
夏のハイキング・シーズンには3国を一度に歩く、という他にはない体験もできます。
秋から冬にかけてはオーロラ鑑賞で人気のスポットとなります!

大きなショッピングセンターや商業施設などはなく、ラップランドの自然を楽しみたい人だけが訪れるような場所です。

フィンランドに何を求めるか・・・
もしそれが「見たこともない壮大な自然」だとすれば、キルピスヤルヴィはとっておきの場所です。

それでは出発!☆
前日はヘルシンキ空港の近く、エアポートホテルに宿泊したので、
早朝のフライトでも安心でした!
キルピスヤルヴィの最寄空港は「キッティラ」となります。

キッティラ空港は非常に小さいので、迷ったりすることはありません。

もう朝9時過ぎなのにこの暗さです・・・
でもラップランドにきた~!という感じで、私はテンションが上がります♡

空港内は小さなカフェとお土産屋さんがあります。

私はここで朝食を購入!
バスの時間までカフェで待ちます。

空港を出ると、目の前はタクシー乗り場とバス停です。
(遮るものは何もないので、絶対に迷いません!ご安心ください)

こちらはレヴィ行き

そしてムオニオ

こちらが私の目指すキルピスヤルヴィ行きのバス停

キッティラ空港からキルピスヤルヴィまでは「GOLD LINE BUS」を使用します。
出発時間の少し前に、上のバス停横で待っていると、バスがやってきます。
バスの種類はこちらです!

本当にバスが来るのかドキドキしますけど・・・
ちゃんときますので、ご安心くださいね。

事前にバスを予約している場合は、ドライバーへ名前を告げてパスポートを提示して下さい。

それではキルピスヤルヴィへ出発!(約6時間/休憩含む)
バスの中はとても快適です。
Wi-Fiが使用できますし、小さいですがトイレもあります。
※シートベルトはしっかり締めましょう。

空はだんだん明るくなり、バスからは美しい白銀の景色を楽しむことが出来ます。

途中何回か休憩を挟みますので、昼食をご購入ください。

私は黒パンサンドウィッチを購入、バスの中で食べました^^

16時過ぎ、キルピスヤルヴィに到着します!
到着する頃には真っ暗でした。
「Kilpishalli」というスーパーマーケットが」隣接している建物の前で停まります。

ここからホテルまでは徒歩数分、とても寒いですがあと少し頑張りましょう!

ちなみにこのスーパーマーケットは地元の方も頻繁に利用する貴重なスーパー。

営業時間>>月~木:10-18、金:10-21、土:10-19、日:11-18
食べ物や飲み物、日用雑貨やお土産もたくさん売っています。

ホテルはこのスーパーの反対側の道路沿いになります。
目の前に大きな横断歩道がありますので、渡りましょう。
※とても滑るので気を付けてください。

しばらくこの道を進みます・・・

しばらくするとホテルの看板が見えてきます!

本日宿泊ホテル「TUNDREA」です^^

チェックインを済ませてお部屋に・・・
そしてこの続きはまた明日(^_-)-☆

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ