ガラスの宮殿を見に行こう✿

皆さん、こんにちは!

我が家のベランダの梅も満開に咲き、今月末には桜も咲き出すのかと思うと
春ももうすぐそこまで来ていますね! 早くお花見がしたいです!

本日は、海外から植物園の話題をご紹介します!

ベルギーの首都ブリュッセル北部のラーケン地区にはベルギー王室が住まわれている「ラーケン王宮」があります。

宮殿は公開されていませんが、同じエリアにある温室(ラーケン王宮の温室、面積1万4千㎡)は100年以上にわたり毎年、春に3週間ほど特別公開されています。 

レオポルド2世が世界中から集めた植物が現在も大事に育てられています。

希少品種もたくさん保有しており、植物を愛する多くの人が訪れます。

訪問の目的のひとつが、1873年建造の温室の建築としての価値の高さ。

ヴィクトル・オルタの師であるアルフォンス・バラ設計のアールヌーヴォー建築は、ガラスと鉄骨が贅沢に使われ、別名「ガラスの宮殿」と呼ばれているのです。

d9533f9d1c52b067b5db1ea96d7b51b4-600x385
© Olivier Polet

ラーケン王宮の王室の2017年の公開日程が決定しました。

◇開園情報◇

2017年4月14日(金)~5月5日(金)
月曜日は休館となります。
各日の開館時間についてはこちら
(ラーケン宮公式HPよりスケジュール・オランダ語)をご覧ください。
※2017年2月調べ。予告なく変更となる場合があります。

入園料: 2.5ユーロ(18才以下無料)
アクセス: バス53、230、360系統 Serres royales 下車
参照: ラーケン宮の温室について(英語)

laken
(c)Karin Andersson_Toerisme Vlaanderen

貴重な王室の植物園、大変興味があります!!

この時期、ベルギーをご旅行されるお客様は是非行ってみてはいかがでしょうか?

それでは、また明日!!

【画像・情報提供:オランダ&ベルギー・フランダース 観光ニュース

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ