小便小僧の衣装ミュージアムがOPEN!!

皆さま、こんにちは!!

本日は、ベルギーから可愛らしい美術館のお知らせです!!

ブリュッセルを代表する愛らしいマスコットといえば、「小便小僧」ですが、2017年2月4日に小便小僧の衣装コレクションを展示する「小便小僧の衣装ミュージアム」が開館。これまでに衣装を寄贈した団体やその背景から、7つのテーマに分けて、小便小僧のワードローブ100点以上が展示されます。

mannekenpis-493x560

小便小僧は17世紀にデュケノワによって作られたブロンズ像で、地元では「ジュリアン坊や」の愛称で親しまれています。いつしか世界的に有名になり、各地から様々な衣装が贈られて、今やその数は950着以上。世界一の衣装持ちの子供、とも言われています。

小便小僧は、17世紀に誕生した当時から、宗教行事などの特別な時に衣装を着ていました。ただしその数は19世紀までは、ほんの数着。20世紀に入り徐々に増え、1980年代以降は毎年15着ほど増えています。現在のジュリアン君は、様々なイベントや記念日に合わせて年間約130着の衣装を着る機会があり、スケジュールが公式に発表されるほどです。

現存する最古の衣装は、フランス王ルイ15世が1747年に贈ったもので、これはフランス軍兵士が、ブリュッセル市民が大切にしていた小便小僧を盗もうとした事件への謝罪の意味が込められていたと言われています。以降、様々な国や地域、団体から衣装が送られてきました。

現在は小便小僧へ衣装を送りたいという人は、ブリュッセル市長へ公式申請が必要、衣装を受け取るかどうかは、小便小僧の衣装について審議する特別な委員会で話し合われます。

manneken_costume-560x160

1965年に盗難の危機に見舞われてから、小便小僧のオリジナルの像は、グランプラスにあるブリュッセル市博物館に置かれるようになりました。現在、外で見られるものはレプリカになります。

グランプラスのブリュッセル市博物館は、これまでも小便小僧の衣装の一部が展示されてきましたが、新ミュージアム開館後は小便小僧についての説明や有名になった歴史的背景、ブリュッセル市との関わりについて紹介する場所になります。
新しい小便小僧の衣装ミュージアムとブリュッセル市博物館の展示室には共通入場券がありお得です!

小便小僧の衣装ミュージアム GardeRobe MannekenPis
住所 Rue du Chêne 19 1000 Brussels
ウェブ www.mannekenpis.brussels

ブリュッセル市博物館 Brussels City Museum
住所 Grand-Place 1000 Brussels
ウェブ www.museedelavilledebruxelles.brussels

開館:火曜~日曜 午前10時~午後5時(木曜は午後8時まで)
休館:月曜、1月1日・11月1日・11月11日・12月25日
共通入館券:8ユーロ(18歳以下無料)

ブリュッセルに行かれる際は是非行ってみて下さいね!!

それでは、素敵な週末を!!

【画像・情報提供:オランダ&ベルギー・フランダース 観光ニュース

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ