タリンを散策♪

本日も☂でございます(._.)
雨が降ると、必ず思い出すことがあります・・・。
皆さんにもありますか?
この曲聞くと、これ食べると、これ観ると・・・
あの頃を想い出すな~って事。

だからそれほど嫌いでもない☂ですが・・・
湿気とはお友達にはなれません><ww

さて、本日はバルト研修日記の続きでございます!
そろそろ終盤!ですが、皆さんはどこかお気に入りや
気になる都市やホテル、観光地などありましたか?
もしあればモデルプランに含めますので教えてください♪

それでは本題に!
ヴィフラから車で1時間半ほどでエストニアの首都「タリン」に到着!
タリンの旧市街は世界遺産に登録されております☆
中世ヨーロッパを色濃く残すオレンジに包まれた旧市街。
細い道が多く、迷子になりそうですが、それもまた面白い!?

私が「バルト三国」という国々を知ってから初めて興味を持った建物。

DSC06303

DSC06306

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂です♡
トゥームペアの丘に建っており、典型的なロシア復古主義の
スタイルに設計され建設されたので、かなりロシア感出ています。

宿泊ホテルなど中心部からここまでは少し遠いので
タクシーなど使って、まずはここまできて、
旧市街に向かってどんどん降りていくのが良いかと思います。

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂の近くには
ぜひ訪れて頂きたい展望台が2つございます。

まずはコフトウッツァ展望台からの景色♡

IMG_6041

遠くにはバルト海も見えます!
左に見える尖塔は、聖オレフ教会。
とても高いのですぐにわかりますね。

続いて反対側は・・・パットクリ展望台からの景色♡

IMG_6042

こちらは新市街が見えます。
また違った景観で、美しいですね。
(私は来れませんでしたが、夜景もおすすめですって!)

細い道をどんどん降りていきますよ~。

DSC06313

DSC06318

ここから旧市街へ下るには「短い足」(LUHIKE JALG)または
「長い足」(PIKK JALG)を通るのがおすすめです。
私は「短い足」から・・・
短い足の入り口付近には、何やら怖い銅像がおりますが・・・
こちらは城壁のある公園「デンマーク王の庭園」です。

DSC06328

DSC06326

景色が良いので、ここで一休みもいいですね♪

さて、短い足を降りていきます。
かなり不安定な石畳ですので、歩きやすい靴が良いです!

DSC06327

短い足を下って、ニグリステ通り(NIGULISTE)を進むと
インフォメーションが見えてきますよ。

DSC06331

DSC06333

DSC06335

DSC06336

ここまでくれば旧市街中心部にのラエコヤ広場まであと少し!
インフォメーションセンターを右に曲がると、ラエコヤ広場です。

DSC06342

DSC06337

IMG_6043

かわいい車がちょうど停車していました。
旧市街の色合いとばっちりですね!

ちなみに夜のラエコヤ広場は・・・

DSC06368

こんなに美しいですよ☆

いかがでしたか??
タリン散策は時間がなくて、まだまだお伝えしていない教会など
たくさんあるのですが・・・ごめんなさい><

次回はタリンの美味しいレストランとおすすめショップをご案内します♪
それでは皆様、また明日\(^o^)/

ヘルシンキからタリンへ日帰り旅行

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ