ラトビア ~ユールマラ観光~

みなさん、こんばんは★
すっかり寒くなりましたね。
ここまで来ると、今年はあっという間!!!
今年やりたいことを紙に書いて、悔いのない2016年にしてくださいね♪

さて、本日はバルト探検日記に戻ります~
大好きなブラックヘッド会館でディナーを終えた後は・・・
リガに別れを告げ・・・目指すはユールマラへ!
こっちも紅葉黄葉が美しい~

dsc05455

img_1975

リガからは車で約1時間、到着したのは良いのですが・・
この日は朝からとてつもない強風でした(>_<) dsc05456

写真だととても穏やかそうに見えますが・・・
砂が目の中に入り、とても歩けそうにないので、浜辺を歩くのは断念。

浜辺から歩いてユールマラの市内を探検です!
ユールマラへのアクセスは鉄道か車が便利です。(今回は車です)
※「ユールマラ」という駅はなく、浜辺近くにいくつかの駅があります。
「マユアリ」または「ドゥブルティ」駅は観光客が頻繁に利用します!
このどちらかで乗車または下車→海岸沿いをお散歩、
ユアマス通りでお買い物など観光→「ヅィンタリ」駅で下車または乗車
というパターンがおすすめですよ~★

浜辺から歩くと、海の近くに見えてくるのは琥珀音楽堂。
海は周波数のあるものを守る。という言い伝えから海の近くに建てられたそうです。

さらに歩いているとソ連時代にできた大きな地球儀のオブジェを発見!
しかしこの地球儀・・・何かが違う。。。

img_1966

わかりました??(よく見えませんね・・・ww)
実はこの地球儀、四国が作られていないのです!!

img_1967

何故なのかは不明なんだそうです。(四国出身の方、ごめんなさい;;)

リガでも気になっていたことなのですが・・・道を歩いていると、
たくさんの栗のようなものが落ちていました。
ユールマラにも発見!!!

img_1906

この栗、栃の木の実で「カスタニス」といいます。
ラトビアの人は、ポケットに入れてお守りにするそうですよ☆ミ

ユールマラはラトビア屈指のリゾート地!
素敵なおうちもたくさんありますよ♪
(夏はかなりの混雑ですので、ゆっくり観光したい方は秋がおすすめ♪)

dsc05454

dsc05460

dsc05463

そしてメインのユアマス通りへ進んでいきます。
秋は少し閑散としていますが、お店は開いていますよ~
(午後からオープンのお店が多いので、午前中は浜辺でのんびり散策ですね)
夏は360℃海水浴客などでいっぱいになります!!!

dsc05459

dsc05464

その後はユールマラシティミュージアムへ移動。
ユールマラはヨーロッパで初の水着を使用した海という事もあり、
こちらのミュージアムでは水着の歴史を知ることが出来ます!

img_1974

img_1973

いかがですか??
ユールマラは日本のお客様にはまだあまり馴染みのない場所ですが
夏は海水浴、秋は散策や景色を楽しめるリゾート地となっています。
ラトビア滞在が長くて、郊外にも少し足を延ばしてみたいな~
という方はぜひおすすめです♪

最後に・・・ユールマラでおすすめのホテルは

dsc05418

SemaraH Hotel Lielupe SPA & Conferencesです!
デザイン性とホスピタリティ性の高いリゾートホテルで
ホテル滞在を楽しむ方におすすめでございます♪

dsc05420

dsc05423

dsc05428

ホテルのお部屋からはバルト海が見えます。
(この日はかなり天気が悪く・・・うっすら。)

dsc05444

キッズルーム、ジム、ピラティススタジオ、
美容院、プール、スパなど施設が充実しております!!

dsc05430

dsc05432

ファミリールームも多いのでご家族でも1室でご案内可能です。
ツインルームやテラスが付いているお部屋もリクエスト可能です。

dsc05446

私がこのホテルで一番印象に残ったのは・・・

dsc05442

dsc05443

このお洒落なライトでございます(*^^)v
ラトビアのデザインセンスが楽しめるホテルですよ★
ぜひご宿泊してみてくださいね~

それではまた明日♪

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ