エストニアのキヒヌ島へ行こう!

おはようございます☆
9/24~スタッフがエストニアへ研修旅行中でございます!
火曜日にはエストニアのキヒヌ島を訪れたようです。
アリスツアースタッフはまだ全員キヒヌ島への訪問がありませんでしたので
たくさんの情報と写真を楽しみにしているところでございます♪

そんなわけで、今日はキヒヌ島をご紹介したいと思います。
あまり知られていなかったキヒヌ島ですが、
最近はテレビや雑誌でも紹介されることが多くなりましたので
アリスツアーでもお問い合わせが急上昇しております!

急上昇中ですが・・・キヒヌ島?聞いたことない!
という方のためにご説明を致しますね♪

キヒヌ島はエストニア南西に位置する、昔ながらの伝統文化が残るユニークな島です。人々は独自の方言を話し、島の女性は伝統的な赤のスカートを身にまとって生活をしています。
まさに「生きた博物館」と言われる、伝統的な暮らしぶりを人々は今もなお続けています。こういったキヒヌ島の生活は、生活そのものが「キヒヌ島の文化的空間」として2008年にユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。

なんと外国人観光客の受け入れ数は日本人が一位だそうです!
キヒヌ島では島民と一緒に編み物をしたり、キヒヌ島の漁師が獲った魚を食べたり交流も楽しめます。
そんなのんびりした滞在スタイルも、人気の一つなのかもしれません。

キヒヌ島では自転車レンタルが可能!
お好きな場所へ気の向くまま走るのがキヒヌ観光のコツです!
小さな島と言っても、歩いて回るには広すぎますからね。

写真提供:visit estonia

そんなキヒヌ島、どうやって行ったらよいのでしょう?
パルヌという町からフェリーで約1時間。
これぞ伝統のエストニア!という旅を体験できるのではないでしょうか♪

ご興味ありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。
.。*゚+.*.。伝統文化を受け継ぐキヒヌ島に泊まる8日間の旅.。*゚+.*.。

それでは皆様、素敵な週末をお過ごしください(^_-)-☆

コメントを残す

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ