エケロラインに乗ってみよう!

毎日暑い日が続きますね・・・
私は夏が苦手なので、昔から一日に何度も「暑い」と口にしていました。
しかし大人になるにつれ、言わないように心掛けていましたが、
こんな暑さじゃ言わないほうが無理ですね(@_@;)
ラップランドでも今年は35℃を超える暑い夏だそうです!!
これから渡航する皆様、サングラスや帽子、日焼け止めなど暑さ対策お忘れなく!

さて、本日は先日の勉強会でじっくりお話を聞いた船のご紹介です☆
皆さんはフィンランドの首都「ヘルシンキ」とエストニアの首都「タリン」を
船で約2時間で移動できることをご存知ですか?

よく聞くフェリーですと・・・

タリンクシリヤラインが有名でしょうか?
私も何度か乗船していますが、とても魅力的ですね!

さて!本日紹介するのは・・・

「Eckerö Line」(エケロライン)でございます♡
なんと日本語サイトもある、日本人にやさしい船会社でございます!

エケロラインは20年以上の長い歴史と経験を持ったフィンランド系の船会社となります。
タリン-ヘルシンキをM/Sフィンランディア号が2.5時間で繋ぎます!
フィンランディア号には2080人の乗客、665台の車を積むことが可能です!
座席の他に、キャビン、ビジネスラウンジ、会議室、はもちろん
キッズルームやバー、レストランなども完備されていますので、エンターテイメント性も抜群!

それでは船内情報をご紹介します♪

◇◆チェックイン&案内所◇◆
エケロライン社のチェックインの窓口はヘルシンキでは西ターミナル(Länsiterminaali 2)の1階、
そしてタリンではAターミナル(A -terminal)の1階となります。
アリスツアーでご予約頂いたお客様には事前に予約バウチャー表をお渡ししますので、それを持ってそのまま乗船ください。
船内での確認なので、とってもスムーズに乗ることができますね。
船の6階デッキにある案内所では地図や資料を配布しております。(一部有料)
また、キャビンの当日予約や雑誌、ソフトドリンクやタバコなどの購入も可能です。

◇◆座席◇◆
エケロラインは全席が自由席となっていますので、
ご自由にお好きな座席を選んでリラックスしながら航海の旅をお楽しみください。
エケロビュッフェとビジネスラウンジとコンファレンスセンターの利用は特別料金となります。
※特別料金には美味しい料理、スナック、ドリンク代が含まれます。

◇◆食事◇◆
船上の喫茶店では様々な軽い料理も定食も豊富に取り揃えております。
8階デッキにあるフェリーの主なビュッフェ式レストランBuffetEckerö(ブッフェエケロ)では
フィンランド料理を含むブッフェをお楽しみ頂けます!
早朝発や夜発の場合は船内で食事を済ませるのも効率的ですね♪

◇◆パーティータイム!◇◆
8階デッキに位置するNostur(ノストゥリ)という娯楽センターとTelakka(テラッカ)というパブ、そして夏の間は9階デッキのLaitur(ライトゥリ)という船内のバーではライブ音楽を楽しむことができます。

◇◆ショッピング◇◆
6階デッキのEckerö Market(エケロマーケット)では新しいブランド品も有名なブランドの香水や化粧品、そしてフィンランドのLumene(ルメネ)というブランドの製品も多く取り扱っております。
その上、甘いもの、チョコレートや飲み物、そしてエストニアとフィンランドの地元の味がある飲食品がたくさん並べてあります。
8階デッキにあるPOPUP Shop(ポップアップショップ)では色々なアクセサリーを売っていますので、プレゼントやお土産にいかがでしょうか?

エケロラインの良いところは、
こんなに船内で楽しめる魅力がたくさんあるのにチケット料金がとてもお安いところ!

タリンクシリヤラインに何度か乗ったことのある方は、たまには違うフェリーで気分転換してみては?
とにかく旅行代金を安く!価格重視!という方にもおすすめ☆

ヘルシンキ-タリン間の移動に、こちらのフェリーを使用してモデルプラン作成することも可能です!
お問い合わせはお気軽にアリスツアーまで!

それではまた明日(^_-)-☆

コメントを残す

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ