杉原千畝記念館カウニスを訪ねました

皆さまこんにちは。

今日はリトアニアのカウニスを訪ねた時の体験談を紹介いたします

リトアニア第二の都市

大戦中には臨時的に首都にもなった工業と交通の街として栄えました

CIMG3058

街のメインストリートはこんなににぎわっています

CIMG3064

昔からなじみのありそうな靴やさんも健在

CIMG3062

訪れたのは6月中旬

テラス席にはビールを楽しむ地元の方たち

CIMG3060

夕焼けはこんなにキレイです

CIMG3071

ここからは杉原千畝記念館の様子です

杉原千畝記念館はリトアニア

日本が誇る偉業を成し遂げた先人

CIMG3080

二つのコンクリートの柱は本来門であったが、

その後とりはらわれて、柱だけ残った。

2014-06-06 09-04-42

記念館の奥には生まれてから外交官になり、

リトアニアでの公務、その後の歴史と

発給されたビザに救われた各国のユダヤ人の

メッセージなどが映像で見られます。

CIMG3087

約15分ほどのドキュメンタリー映像の放映

CIMG3088

入り口入って右手には執務室

デスクは本物ではありませんが、

実際に座ってみることができます

CIMG3101

2014-06-06 09-11-14

国旗は当時のものだそうです

↓はレプリカですが

このようなビザが発給されたことがわかります。

CIMG3095

電話も当時のものではありませんが

執務室にて杉原千畝氏の目線で見られます

2014-06-06 09-34-03

中で見た映像に、この門の外にあふれるビザ発給を求める人々がでてきます。

領事館の開いている時間外にも

押し寄せる人たちに対して門の外で手書きのビザを発給し、

またはカウナスの街中でのレストランで食事をしている最中にも

ビザを求める人に手書きで発給したという話も聞きました。

2014-06-06 09-10-52

子どもたちとはこの裏庭で遊んだことがあったそうです

CIMG3102

歴史の重さを感じますし

当時としては反逆ともとらえられる行為をしたといわれますが

なにか自身の信念を持って発給し続けたのだと感じます

時代背景もそうですが、千畝氏自身のことももっと知りたいと思いました

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ