【海外旅行復活へ】珊瑚礁の島々「モルディブ」はいかがですか?

モルディブの海と水上コテージ

このコロナ禍において海外旅行が難しい状況が続いておりますが、
その中でも「モルディブ」は積極的な海外からの渡航者の受け入れをしております。

モルディブ観光省の報告によると、今年に入ってから20万人以上の人々がモルディブに観光で入国しています。(2021年3月4日時点)

2021年のモルディブへの入国者数
入国月 入国人数
2021年1月 92,103人
2021年2月 96,881人

1日当たり平均3,203人もモルディブに入国しています。
そして平均滞在日数は9日間滞在だそうです。

日本からは残念ながら日本帰国後の14日間の自主隔離が要請されるため、観光客は激減しています。
しかしながら、テレワークが可能な業種の方々や自営業を営んでいる方を中心に少しずつですが観光客も戻ってきております。

ボリウッドスターがモルディブをSNS発信

インド映画のスターである「ボリウッドスター」達は、モルディブでの休日をSNSで発信し続けています。

世界的に有名なチェリスト、シュテファン・ハウザーがモルディブ政府観光局とコラボ

こんなモルディブでの優雅な様子を見たら、行って見たくなりませんか?

モルディブの優雅なひととき

安全対策にぬかりがないモルディブ

モルディブはいち早く、デスティネーションとして、世界旅行観光機構(WTTC)から「Safe Travel Stamp」の認証を取得済みで安心のデスティネーションです。

モルディブのヴェラナ国際空港も、ニューノーマル下での空港の感染防止対策を定めた ACI 空港健康認証を取得し、観光客の安全と安心に取り組んでいます。

コロナ禍においてモルディブに到着する人達

まだまだ敷居が高い海外旅行。
出入国は今まで以上に手続きが多くなります。
しかしながら、滞在時にはその苦労を上回る魅力がモルディブで味わえます。
日本の皆様もコロナ禍ではありますが、モルディブでの休日をSNSで発信してみませんか?

モルディブ入国の条件

2021年3月16日現在のモルディブに入国するための必要条件です。
・入国時に30日間の観光ビザが発給されます。
・自主隔離などの検疫措置は不要。
・PCR検査の陰性証明書が必要
*モルディブへ出発する96時間以内に発行されている事が条件です。
・健康申告書(オンライン提出)
*モルディブへ出発する24時間以内

「コロナ保険」もモルディブのアライド保険と観光省が共同でオンライン発売しています。
*出発前にオンライン申込になります。
*万が一、新型コロナウイルス感染症に感染した場合の隔離施設の滞在費、医療費、隔離施設への搬送費などがカバーされます。

コロナ禍におけるモルディブ旅行もお気軽にご相談下さい

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ