ロストバゲージを防ぐには?

今週も風のように去って行きましたね・・・
もう金曜日だなんて、早すぎて恐ろしい\(◎o◎)/!
外からは楽しそうな声が聞こえてきますよ♪
おつビー!!!いいですねww

さて本日は旅行されたことのある人なら必ず気になってしまう
ロストバゲージに関しての話題をお届けいたします。

飛行機に搭乗するとき、空港のカウンターで手荷物を預けますよね。
そして到着空港で受け取るはずの自分の荷物が出てこなかったり
行方不明になってしまうことを意味するのが「ロストバゲージ」です。

これから楽しい旅行の始まり!と思っていたはずなのに・・・
お洋服もお化粧品も靴もコートも・・・
あ~~~~すべてトランクの中なのにぃ~~><
なんて経験、皆さんはありますか?

もちろんそんなことが起こらないように空港スタッフの皆さんは
いろんな工夫をして作業に取り組んでいます。
その様子を、羽田空港の国内線ターミナルでJAL(日本航空)さんに聞いてみました!

◇積み間違い防止のために

JALの羽田空港国内線ターミナルでは、普段はおよそ1万個、
繁忙期には2万個といった数の受託手荷物を扱っているそうですが、
JALグランドサービスの方によると、ロストバゲージは
なんとほとんど発生していないとの事です!

それを実現する工夫は、まず「目視」、そして「コンテナに手荷物リストを貼って
積み込む際に照合する」「バーコードで管理する」といった仕組みです。

実際に起こりうる、しかし搭乗客にとっては起きなくて当たり前のロストバゲージ。
その任務に携わるスタッフさんは、ロストバゲージはゼロが当たり前なのではなく、
毎日の努力で達成するものという意識で日々、仕事をしているんだそうです。

また、搭乗客が飛行機を乗り継ぐ場合は受託手荷物に目印をつけるほか、
到着と出発の担当者によるダブルチェック体制を敷いているとのこと。
搭乗しなかった人の受託手荷物も、どこにあるかすぐ分かるようになっているそうです。
時間までに搭乗口へ現れなかった人の荷物を乗せて飛ぶわけにはいきませんからね。

◇預けた手荷物、早く受け取る方法はある? ない?

到着地で、預けた手荷物が早くターンテーブルへ流れてくる方法ないかな・・・
こんなこと思ったことありませんか?
手荷物をどのくらい前に預けたかによって変わるともいわれますが、
実は同じクラスに搭乗する場合、大きな違いはないそうです。

手荷物をコンテナに積む際、重いものを下にするなど、
大小さまざまな手荷物を壊れないよう、バランスを取りながら
“パズル”のように入れていきます。預けられた順番に積んでいるわけではありません。

確実に早くターンテーブルへ流れてくる手荷物は、
優先度が高い上級クラスの搭乗客などが預けたものです。
そうした手荷物はコンテナへ積むときひとまず横へよけておき、
早く出せる場所に入れるほか、乗り継ぎに時間がない人の手荷物は、
一般の受託手荷物のコンテナ貨物室ではなく、バルク貨物室へ「バラ積み」し、
出しやすいようにするそうです。

飛行機が到着してエンジンが停止次第、すぐに荷物運びだし作業を開始します。
10分もかからず、手荷物をターンテーブルへ持っていけるとのこと。
さらに、分割して輸送し、荷物の流れを止めないようにしているといいます。

shutterstock_153920459-1-680x437

◇ターンテーブルへ荷物を流すときの工夫

到着した受託手荷物をターンテーブルに流す際、取り間違え防止のため、
付けられたタグの便名がよく見えるように流す、取りやすいよう
取っ手を前にする、適度に間隔を空けるといった工夫をしているそうです。

雨の日はどうしてもぬれることがあるため、そのときは拭いてから
ターンテーブルに流されるほか、汚れやすいもの、ヒモがあるリュックサックなど
巻き込みやすそうなものは、ビニールがかけられています。

「海外では『かばん』は『かばん』、汚れるものという意識かもしれませんが、
日本は違います。お客様目線で『自分の荷物だったら』ということを考えて行っています」
(JALグランドサービス、安田さん)

記事提供:株式会社メディア・ヴァーグ

当たり前のように受け取っていた荷物ですが、
こんな風に裏で働いているスタッフさんに感謝しなければいけないですね。

実は私、先日生まれて初めてロストバゲージを体験しました!
よく話には聞いていたものの、実際に自分がなってみるとびっくり!
とにかくすぐにロストバゲージのカウンターへ向かい、手荷物番号を提出。
自分のトランクの形や色の特徴を告げて、連絡を取ってもらうと・・・
乗継をした空港に取り残されていたようです\(◎o◎)/!
翌日に宿泊ホテルへ届けてもらうことになりましたので一件落着でしたが
不安ですし不便ですし焦りますよね・・・

どこの航空会社さんも、というわけではないかもしれませんが
今夜トランクがなく途方に暮れる私に、アメニティをくれました♡
(これが非売品でして・・・こんな状況なのにテンションが上がりましたww)

IMG_5572

中には・・・Tシャツ、靴下、歯ブラシ、化粧水などなど。
とても役に立ちました!!!

自分が体験してみて、とてもよかったと思います。
もしもお客様がロストバゲージにあってしまったら、
実体験をもとに不安にならないよう、しっかりサポートさせて頂きたいと思います!

今日は長くなってしまいまして、ごめんなさい><
それでは皆様、よい週末をお過ごしください♪

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アリスツアーとは?

渋谷にあるオーダーメイド旅行のアリスツアー(GREENBIOCORPORATION株式会社)です。 北欧・フィンランド・ロシア・バルト三国・フランス・台湾・バリ・ブータン・モンゴルを中心とした現地手配を主に手がけるオーダーメイドの旅行会社です。 スタッフはフィンランド在住26年の者から添乗員まで旅行業ベテランの人間を揃えております。 他社では断るような変わった手配を依頼させると非常に喜びます! 2005年に誕生したばかりの小さな旅行会社ですが独自のネットワークを駆使して堅実にがんばっております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

海外旅行の際にはお忘れなく

アリスツアー旅行情報ページ

このページの先頭へ